葬式の香典の入れ方のマナーを覚えておく

葬式に参列する場合は香典を用意します。弔事になりますので、上側をかぶせるようにして重ねます。水引は結びきりにします。仏式の香典の表書きは御霊前、御香典、御香料などにします。神式の香典の表書きは御玉串料、御霊前、御榊料などです。キリスト教である場合の表書きはお花料、御霊前にします。金額の目安としては親族では1~10万円で、友人であれば3千円~1万円用意しましょう。この金額は年齢や地域により異なることもありますので、参列する方に知人がいるのであれば金額を相談しておいても良いです。不祝儀袋はむき出しでは持たないようにして、必ずふくさに包みます。弔事では寒色系のふくさを使うようにします。また紫色であれば慶事にも弔事にもどちらの場合も使用することが出来ます。

香典は葬式は通夜に持参

香典は葬式か通夜のどちらかに持参すればよいです。表書きは故人の宗教に合わせて書くものですが、分からな

葬式に香典を持っていく場合には

葬式の香典は、通夜や葬儀のある時に個人への供養の気持ちを込めて渡すお金のことです。あるいは、お花や線

女性の葬式での服装について

女性の葬式での服装は、亡くなられた親族側であるか、会葬者であるかの立場に違いによってもかわってきます。以前は、故人の奥さんや娘、長男の嫁などの近い関係の親族の女性は和装を着ることが多かったです。最近は、洋装の喪服をきることが多いです。洋装の喪服は、黒の膝下あたりの少し長めのワンピースにジャケットを羽織る形が正式な服装です。靴やストッキング、鞄などの小物類も黒に統一するのが基本です。装飾品は、和装の場合は、結婚指輪のみはめることができます。洋装の場合は、パールや黒真珠、オニキス、黒珊瑚のネックレスやイヤリングは許されます。ただ、二重三重になっているパールのネックレスは、不幸が繰り返されるというのを連想させてしまうため、タブーとされています。

Copyright© 葬式 香典 All Rights Reserved.