香典袋の表書きについて

日本国内で行われているお葬式の大半が仏式のものですので、仏式のお葬式なら参列し慣れているという人が多いです。しかし、神式やキリスト教式で葬儀が営まれることもあります。その際には、細かな点で葬儀マナーが異なってくることになりますので、注意が必要です。たとえば香典袋の表書きの仕方一つ取ってみても、仏式の場合とはかなり違っています。神式の香典袋の表書きには、御霊前、御神前、御玉串料などといった言葉が使用されるケースが多いです。一方、キリスト教式の場合は、お花料、御霊前、献花料などと書かれることが多いです。キリスト教は非常に多くの宗派に分かれており、宗派ごとの葬儀マナーに大きな違いがありますので、注意する必要があります。

ふさわしい葬式の服装

冠婚葬祭の中でも、葬式に参列する際は特に服装について気をつけたいものです。失礼があってはならない場所ですので、マナーを知っておくことが大変に重要です。ふさわしい基本的な色は、やはりブラックのフォーマルです。女性の場合は小物にも気をつけたいものです。髪留めやネックレス、指輪などのつけ方にも気をつけることと、光沢やカラフルな物などは決して身に着けてはいけないものです。つい見落としがちですが、普段ネイルをしている方は失礼のないよな状態にしておかなくてはいけません。日ごろから葬式に関する服装について確認していないと、いざというときにあわてることになります。サイズの点検や小物がそろっているかどうかチェックしておくことも大切かもしれません。

Copyright© 葬式 香典 All Rights Reserved.