お葬式の香典について

お葬式の香典は、通夜または葬儀の際に持参する不祝儀のことを言います。一番悩むのが、香典の書き方です。先方の宗教に合わせて、表書きをしますが、先方の宗教がわからないときは、どんな宗教でも使え、通夜でも葬儀でも使える表書きは、御霊前です。不祝儀袋に入れるお札は、新札は使わないという古くからの慣習があります。今では、そのようなことは気にならなくなりましたが、ご年配の方には、旧習に従ったほうが無難です。相場としましては、各年代や、お付き合いの深さなどで変わってきますので、よく見極めた方が良いようです。大体平均しますと、ご近所の方で3,000円、両親になりますと100,000円になりますので、確認が必要になります。

お葬式の女性の服装のマナー

お葬式に参列する際の女性の服装について、ご紹介します。参列する際には、故人を偲ぶための正装という意味で、略式の礼服を着用します。女性の場合には、黒のワンピースやスーツ、アンサンブルとなります。肌をあまり見せないことがマナーとなりますので、暑い夏場でも五分袖までが望ましいでしょう。ストッキングと靴は、くろいろとなります。冬場にコートを着用する場合には、葬儀会場となる建物内に入る前に脱ぐことがマナーとなります。ちなみに、コートをはじめマフラーや手袋などの防寒具の材質にも、注意が必要となります。毛皮や皮革製品は、殺生を意味し、死を連想させることからタブーとされています。カジュアル系なダウンジャケットも避けるようにしましょう。

Copyright© 葬式 香典 All Rights Reserved.