香典の包み方について

お葬式に参列する際には香典を持参するのがマナーです。ただし、宗教や宗派によって、袋の表書きの仕方が変わってきますので、注意が必要です。仏式のお葬式の場合には、御香典、御霊前、御香料、御仏前、御弔料などという書き方がよく用いられます。仏教であるということはわかっていても宗派まではよくわからないという場合には、御香料としておくのが無難だと言われています。ただし、浄土真宗の場合は御仏前と書くのがマナーになっていますので、気をつける必要があります。また、中に入れる紙幣は、お札の表面が下になるようにして、向きを揃えて入れるようにするのがマナーです。なお、香典袋の表面に蓮の花が描かれている場合、その袋は仏式のお葬式専用ということになります。

葬式に参列する際の女性の服装

喪服は親族が元気なうちに用意しておくものと言われ、嫁入り道具として用意するのが習慣になっています。親族が亡くなった場合は、喪服を着ます。喪服には、夏用と冬用があるので注意しましょう。最近では、葬儀会場で着付けをしてくれますので、相談してみましょう。親族以外の葬式に参列する場合の女性の服装は、黒のフォーマルスーツかワンピースです。長袖でスカートはひざ下丈のものにします。アクセサリーは、結婚指輪以外はつけません。涙を象徴するといわれている一重のパールネックレスは良いとされていますが、二重三重のものは不幸が重なるといわれているので避けましょう。また、バックは黒で布製のものを選びましょう。皮やファーは殺生をイメージするのでよくありません。葬式は突然の事がほとんどです。前もって準備をし、礼を尽くして故人を見送れるようにしましょう。

Copyright© 葬式 香典 All Rights Reserved.