葬式の際に持参する香典について

知人や親しい人が亡くなって葬式や通夜にうかがう際には、香典を持参します。この時、香典は不祝儀袋に入れますが、この不祝儀袋の表書きは相手方の宗教によって変わります。事前に宗教が分かっている場合は、必ずそれに合った表書きを書きますが、多くの場合は分からないままうかがうのが普通です。そうした時には、どの宗教でも使える「御霊前」が良いとされています。なお、不祝儀袋に蓮の花が描かれているものがありますが、それは仏式のみ使用できるものですので注意が必要です。なお、香典の金額ですが、身内の場合両親は10万円、兄弟姉妹は3万円から5万円、祖父母や親戚は1万円が相場です。身内以外の友人や知人、勤務先の同僚には5千円くらい、会社の取引先などビジネス関係には1万円くらいが目安とされています。

葬式での女性の服装について

葬式での女性の服装は、黒のワンピースにジャケットが基本です。スカートの丈は、膝よりやや下ぐらいの長さのものにします。靴や鞄も黒に統一して、ストッキングも黒を選びます。装飾品は、結婚指輪とパール、黒珊瑚・オニキスのみつけてよいことになっています。ただ、パールのネックレスでは、一連のものは許されますが、二重三重になっているネックレスは不幸が再び訪れるという意味合いにとられることがあるため、お悔やみの場ではタブーとされています。パールのアクサせりーでも、普段使いできるようなカジュアルなデザインではなく、フォーマルなものにします。女性の正式な喪服は、家紋が入った和服でしたが、最近は近親者でも洋装で葬儀を執り行うのが一般的になっています。和装ができるのは、故人の妻や一親等の娘や母親、長男の嫁などのごく近い血縁者となっています。

Copyright© 葬式 香典 All Rights Reserved.