葬式に香典を持っていく場合には

葬式の香典は、通夜や葬儀のある時に個人への供養の気持ちを込めて渡すお金のことです。あるいは、お花や線香の代わりに持っていくものでもあります。また、葬式は突然する必要が出てくるものですから、その分の出費を助けてあげるという気持ちも入っています。香典は、仏教系の葬式だけに必要となるものではなく、キリスト教式や神道系の葬式であってもやはりお金を持参するようになっています。実は、こうした宗教の違いによって熨斗袋に書く文字も異なります。ですから、訃報を聞いたらどの宗教によって葬儀を行うのかは事前に必ず聞いてください。通常の仏教式なら、香典は通夜の時か葬儀の時かのいずれかに持っていくものであるとされています。ですから、通夜に香典を持っていったら、葬儀では記帳だけにして良いのです。

葬式に参列する女性の服装について

葬式に参列する際に着ていく服装の事を『喪服』又は『礼服】と呼びます。女性の喪服には和服と洋服があります。和服は主に亡くなられた方の近親者のみが着られるとされていますが範囲は得に厳しく決まっていません。洋服は基本的にはワンピースにジャケットが正装とされていますがスカートでも問題はありません。膝が出ないものを選ぶようにしましょう。ストッキングも黒を着用するようにしてください。冬でもタイツはNGとなっています。アクセサリーはパール素材の物のみが許されていますが2連以上になっているものは不幸が重なるという意味があるのでNGとされています。ネイルはなるべく落としてから参列するべきですが、時間がない等でしたら手袋などで隠すとよいでしょう。実際参列した際に恥ずかしい思いをしないように時間が有るときなどに冠婚葬祭のマナーを勉強しておくとよいでしょう。

Copyright© 葬式 香典 All Rights Reserved.