香典に関する知識と注意点

香典は、通夜や葬儀・告別式など不祝儀の際に、お悔やみの気持ちで渡す現金のことです。日常的にあることではないので、香典に関するしきたりやマナーなどで、当日戸惑う人も多いでしょう。しかし厳粛な場である上に、宗教に関することであるため、常識をわきまえることは大事です。香典は不祝儀袋に入れますが、通夜や葬式に持参するとき、表書きを「御霊前」とするのが無難です。ただし先方の宗教が分かっている場合は、そのしきたりに合わせます。もっとも気になるのは香典の金額ですが、故人との関係や親密度により大きく異なります。4や9は死や苦を連想させるので、その数字の金額は避けるべきです。またキリの良い金額にします。インターネット上には、不祝儀袋についての、知識、注意点が掲載されているサイトがありますので、参考にすると良いでしょう。

お葬式に参列する時の女性の服装マナーとは

お葬式の服装は、女性ならどんなマナーがあるのでしょうか。たとえば、お通夜に参列するなら、黒いスーツやワンピースを着ましょう。告別式に参列するなら、やはりブラックフォーマルといわれる喪服がいいですね。通常は、黒いアンサンブルスーツを着ることが多いです。もちろん、ストッキングは黒にして靴の方もシンプルな黒いものにします。ミュールタイプやサンダルのようなデザインの靴はやめておきましょう。また、アクセサリーは、一連のパールネックレスであればよいとされています。2連のパールネックレスは、「悲しみが2重になる」といった意味を持つのでしないようにしましょう。また、毛皮のコートなども殺生のイメージがありますから避けるのが普通です。

Copyright© 葬式 香典 All Rights Reserved.