香典は葬式は通夜に持参

香典は葬式か通夜のどちらかに持参すればよいです。表書きは故人の宗教に合わせて書くものですが、分からない時は御霊前にします。御霊前なら、どの宗教でも通夜でも葬式でも使えるからです。仏教や仏式の場合、御霊前、御香典、御香料と書きます。御仏前は四十九日の法要以後に使います。キリスト教の場合は、御霊前、御花料と書きます。ただし、蓮の花が付いた香典袋は仏教での使用となりますので、注意が必要です。神式は、御霊前、御玉串料、御榊料です。下段の名前書きは、会葬者の名前をフルネームで書きます。連名の場合は、右が目上になります。代理で会葬するときは、名前の左下に「内」と書き添えます。名簿に記入する際も同じようにします。

葬式の際の女性の服装

葬式に参列する場合には失礼にならない服装で参加したいものです。その、失礼にならない服装とはどんなものでしょうか。男性はブラックのスーツですが、女性の場合はワンピースやスーツなどいろいろな形がありますが、着用して良いモノ、悪いモノというのがあるのでしょうか。それは、黒であればワンピースでもスーツ、アンサンブルのどれでも大丈夫です。また靴やストッキングも黒で夏の暑い季節でもなるべく肌をみせないスタイルで参列しましょう。また、冬になるとコートを着ることが多いですが、その場合は外での焼香の場合などは着用していても良いですが、室内に入るときには必ず脱いで手にもって入るようにしましょう。それと革製品は絶対にNGですのでご注意ください。

Copyright© 葬式 香典 All Rights Reserved.