葬式における香典のマナー

葬式に参列するときに、準備が必要なのが香典です。香典袋の表書きは、宗教によってことなりますが、どの宗教にも対応できるのが「御霊前」です。表書きが書いてある香典袋の中には、「御仏前」と書いてあるものもありますが、一般的には四十九日が過ぎた後に使用するものなので、控えるようにしましょう。金額は自分の年齢や、亡くなられた方との間柄にもよりますが、両親や兄弟の場合などを除き、3000円から10000円が一般的です。また、新札を入れてしまうと、準備していたように捉えられマナー違反となりますので、どうしても新札しかない場合は、軽く折り目をつけて入れるようにしましょう。スーツのポケットに裸のまま入れたりせずに、ふくさに包んで持参しましょう。

大人女性のマナー、葬式の服装

葬儀に参列したが、自分だけ浮いた格好をしていて恥をかいたという経験はありませんか。葬式といえば黒い服を思い浮かべる方が多いでしょう。しかし黒い服なら何でも良いという訳ではありません。特に女性はミニスカートや大きさスリットの入ったスカートは相応しくありません。社会人なら一着フォーマルドレスを持っておくことをお勧めします。また、しまい込んでいたために服の虫食定期つ的いや嗚呼靴やアクセサリーが痛んでおり、会場で壊れてしまったという例も少なくありません。着る前に確認しておくと良いでしょう。葬儀社や貸衣装店によってはフォーマルドレスのレンタルを行っているところもあります。体型の変化や手入れを気にする方にお勧めですので、近隣の店舗に問い合わせてみるのも良いかもしれません。ドレスと合わせて黒いタイツ、エナメル調やピンヒールの靴、華美な化粧や髪型、アクセサリーはNGです。肌が少し透けるくらいの黒のストッキングに光沢のないヒールの高すぎない靴を履きましょう。清潔感のある服装を心がけるのが大切です。皆さんも大事な弔いの場で失礼のない大人の身のこなしをしてみてください。

Copyright© 葬式 香典 All Rights Reserved.